Fun every day

生活お役立ち情報

子育て費用の相場はいくら?効率よく貯金していく方法

ブタの貯金箱

 

わが子には、将来はいい学校に進んで欲しいし、いい職業にもつかせてやりたい!

当然ですよね。

 


でもいい学校に進学させるにはお金がかかります。

最近は大学ぐらい当たり前、大学院に進むことも珍しくありません。

 


となると相当費用がかかりそう!

心配になりますよね。

 


ここで、子どもの教育費はいくらぐらいかかるのか。

どうやって費用を捻出したらいいのか。

具体的な方法をご紹介しましょう。

 

 

 

子育てで大学まで行くにはどれくらいの費用がかかる?

 


お子さんが小学校から大学まで公立学校に進学できれば、かなり費用は安く済みます。

でも、いろいろな事情で私立に進むこともあるでしょう。

 


ここで、すべて公立に進んだ場合と、私立学校を選んだ場合の学校ごとの教育費のあらましをご紹介しましょう。

 

 

 

公立

私立

幼稚園

234000

482000

小学校

97000

863000

中学校

168000

1001000

高等学校

231000

722000

大学

536000

1320000(学部により変動)

 


やっぱり学費は高いですね。

一番安い公立コースでも500万円は必要です。

 


このほかに、塾や習いもの、クラブ活動の費用などもかかるのでさらに費用はかさみます。

自宅外から大学に通ったら、生活費も膨大になります。

 


やはり早い時期から資金を貯めないといけないですね。

 


子育ての費用をどうやって捻出したらいいの?

 


以前は小学校入学前の幼稚園や保育園の費用もかなり必要でした。

でも2019年10月から保育料が無料になったのはご存じでしょう。

保育料は月に5万円ぐらいかかっていましたから、非常に助かりますね。

 


そこで、この保育料を払ったつもりで将来の教育費として貯蓄するのはいいアイデアです。

市町村から支給される児童手当を将来のために貯金しているご家庭もあります。

 


また比較的学費がかからないのは小中学校の間です。

この時期に、できるだけ節約して資金を貯めるのが賢明です。

 


お子さんが小さいうちはママが働くのは難しいですから、節約がポイントですね。

 


すぐにできそうなのは食費の倹約です。

・外食は極力しない、パパにはお弁当を持参してもらう。

・出来合いのものより、安い食材をまとめ買いして健康的な食事作りをする。

・お茶や水は水筒に入れて持参する。

こんなやり方なら、食費は1人が1日に1000円以内に抑えられますね。

 


衣類は、親せきかお友達から譲ってもらうのはいいですね。

リサイクルショップを利用する手もあります。

洋裁のできる人なら、自分で作ればオリジナルで安い服が作れますよね。

 


ばかにならないのが塾や習いものですね。

小さいうちは水泳、英語、ピアノなど習いものが盛んです。

お子さんが本当にやりたがっているか、長続きしそうか見極めるのが大事です。

お友達がやっているからと、やみくもに習い事を増やすには賛成できません。

体験授業などやってみて本当にできそうか確かめて、必要なものだけに絞りましょう。

 


小学生でも高学年になると塾に通うお子さんが増えます。

この費用が案外高いのです。

小学生のうちは学力をつけたければ、家庭でパパやママが見てあげることもできますよね。

通信教育も案外いいですよ。

安い費用で良い教材がたくさんあります。

 


子育ての費用それでも足りないときは?

 

家庭での節約には限度があります。

教育資金が足りないならば、お子さんがある程度の年齢になったら、ママが働くことも必要でしょう。

ただし、あまり家族に負担がかからない範囲で働くのがいいですね。

ママが早朝から、深夜まで仕事で留守をするようでは、お子さんが寂しい思いをすることになります。

 


仕事によっては、週に2~3日でもできるものや、夏休みなどにも配慮してもらえるところもあります。

ハローワークなどでよく相談して適当な仕事を探しましょう。

 


高校以上ならば、奨学金を借りる方法もあります。

日本育英会のほかにも県独自に奨学金を出すところもあります。

所得制限のあるものもありますが、先生に相談してみましょう。

 


あまり高額の奨学金を借りると返済が大変になることもあります。

成績が良い人には特待生として学費免除をしている大学もありますね。

お子さんが納得すればこの制度を使うのはいい方法です。

 


ある凄腕ママは、自らも自宅でピアノを教えるアルバイトをしながら、あらゆる節約をして5人のお子さんを全員国立大学に進ませました。

 


これは、すべてのママが真似できるわけではありませんが、お手本にしたいところですね。

 


まとめ

 


子どもの教育費用はかなりかかります。大学まで進学させるには最低でも一人500万円ぐらいの準備が必要です。

 


お子さんが小中学生のうちの節約に励み資金を貯めましょう。

 


なお不足するなら、ママが働く、奨学金を借りる。

大学の特待生制度を使うなどの方法もあります。

 


お子さんの将来のために上手に教育資金を捻出して、よい子育てをしたいものですね。